カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
前月 前月 2017年04月 次月 次月
最新の投稿
カテゴリー
アーカイブ
リンク

第4回 京都幕末祭
☆「近時新聞」執筆者らによる 「幕末歴史本気トークライブ」
テーマ:幕長戦争150年、薩長同盟150年
基調講演 西田毅 同志社大学名誉教授
パネルディスカッション
竹本 知行 防長史談会副会長 国際日本文化研究センター 研究員 大和大学講師
村上 繁樹 霊明神社 八世神主
幡新 大実 大阪女学院大学教授
久野 潤 名城大学非常勤講師 日本国史学会事務局長
赤尾 博章 特定非営利活動法人 京都龍馬会 理事長
開催日時:10月29日(土) 14:00~17:00
場所:同志社大学 良心館  京都市上京区烏丸通今出川上ル

スペシャルゲスト
新内 枝幸太夫 新内弥栄派家元
龍馬、慎太郎など幕末志士たちが楽しんだ都々逸を新内弥栄派 新内枝幸太夫家元にご披露いただきます。

場所:同志社大学 良心館  京都市上京区烏丸通今出川上ル(地下鉄今出川駅1番出口)
参加費:一般 3000円
京都龍馬会、防長史談会 会員 2000円
開催日時:10月29日(土) 14:00~17:00
共催:防長史談会
幕末歴史本気トーク
 
☆京都国立博物館「没後150年 坂本龍馬 展 」見学ツアー
元治元年(1864)春頃 龍馬ら土佐藩脱藩浪士たちは現在の三十三間堂南西辺りの隠れ家に住み活動拠点にしていました。智積院、大仏方広寺辺りは土佐藩の宿舎となっていたところですから、龍馬らも近くに拠点を置いていたのでしょう。 その賄いとして住み込みで働いていたのがお龍の母「貞」でした。お龍の父楢崎將作は医師でしたが文久2年(1862年)に病死します。その後一家は困窮し進める人があり龍馬らの隠れ家で働くことになりました。お龍は近くの七条新地「扇岩」という旅館で働いていました。龍馬は貞から一家の身の上話を聞き、母を訪ねてきたお龍を見染めます。
土佐藩ゆかりの智積院、秋の特別拝観期間中の妙法院もご案内いたします。
龍馬おりょうゆかりの地を巡った後、京都国立博物館「没後150年 坂本龍馬」展を京都国立博物館 宮川禎一先生のご案内により見学します。

共催:大阪龍馬会
開催日時:10月30日(日) 14:00
集合場所:京阪七条駅 マクドナルド 七条京阪店 前集合
参加費:一般 3000円(入場料込)
京都龍馬会、大阪龍馬会 会員2000円
順路:七条新地→方広寺 → 河原屋五郎兵衛隠居所 → 智積院 → 妙法院→
16:00 京都国立博物館 宮川先生のご案内により「龍馬展」見学
京都国立博物館「没後150年 坂本龍馬 展」見学ツアー

参加お申し込み方法
メール、FAX、郵送にて、お申込の上、下記口座に参加費をご送金願います。
郵便振替:00900-2-242819
銀行口座:ゆうちょ銀行 099店 当座0242819
口座名義:特定非営利活動法人 京都龍馬会
FAX:075-211-3666
京都市中京区木屋町通三条下ル材木町184 都会館1F「龍馬」 特定非営利活動法人 京都龍馬会

☆第23回 坂本龍馬慰霊祭 提灯行列
 慶応3年11月15日 京都の中心部、河原町蛸薬師下ル西側 醤油商「近江屋」において凶刃に斃れた坂本龍馬、中岡慎太郎、藤吉らの葬儀は17日夜、内々にとりおこなわれ、どこから聞きつけたのか沿道では沢山の人々が龍馬らを見送ったと伝えられています。その当時の正確な資料は残っていませんが、京都龍馬会は1994年より毎年11月17日に近い土曜日に葬儀を顕彰し坂本龍馬慰霊祭提灯行列を開催しており、本年で23回目となります。
 (慶応3年11月17日は西暦では1867年12月12日です。本来同じ日に開催したいものですが京都の冬はあまりにも厳しいので現在の暦の日付にあわせて開催しています。)
 三条河原に集合し、龍馬らゆかりの「酢屋」を通過し、無念の現場「近江屋」前で黙祷を捧げます。夕闇迫る京都一の豪華街、河原町通りを南下し四条通で左折、八坂神社を目指して東進します。神社では行列の安全を祈願し、円山公園へ。龍馬像のもとで記念撮影。一休みの後 通称「ねねの道」を通り高台寺公園に到着。ここで一旦解散となります。
 さらに希望者は龍馬らの葬儀を執り行った「霊明神社」へ参拝に参ります。二年坂を少し南に入り左折すると霊明神社への参道「龍馬坂」、少々キツイ上り坂ですが、幕末当時霊山墓地(霊山は山の名前)に通じる道はここしかなく、龍馬らの葬列が通ったのもこの道です。坂をのぼると霊明神社。龍馬らの冥福をお祈りして提灯行列を終えます。

開催日時:2016年11月19日(土) 午後 4時 30分 出発
集合場所:京都 鴨川 三条大橋下 集合 鴨川西岸の河川敷 (京都市中京区中島町)
午後 3時 30分  受付開始 午後 4時 受付終了 集合写真撮影
順路:三条大橋 → 酢屋 → 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地にて黙祷 → 四条河原町 → 八坂神社 → 円山公園 (銅像前で記念撮影) → 高台寺公園 (解散) → 希望者にて霊明神社参拝

参加費:お一人様 3,000円 (京都龍馬会会員は参加費無料)

懇親会
レストラン菊水  (京都市東山区四条大橋東詰)
午後7時00分~9時00分
参加費 お一人様 6,000円

申込方法
下の参加申込書をFAXまたは郵送、同内容をEメールの上 11月12日までに下記口座に参加費をご送金ください。
送金先
郵便振替:00900-2-242819
ゆうちょ銀行  099店 当座0242819
口座名義:特定非営利活動法人 京都龍馬会
提灯行列参加申込書 PDF
メールでのお問合せはこちら

☆番外 京都国立博物館 土曜講座
京都国立博物館宮川禎一先生とNPO京都龍馬会 赤尾博章理事長の対談「林市郎右衛門と坂本龍馬」
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
日時:11月26日(土)午後1時30分~午後3時  定員:200名  聴講料:無料(観覧券が必要)
当日、12時より平成知新館1階にて整理券を配布。 定員になり次第、整理券配布を終了。


| お知らせ::講座案内 | 12:10 AM | comments (x) | trackback (x) | お問合せ |
PAGE TOP ↑

メール